title

バイスマの通販購入方法と偽物の見分け方について解説!

バイスマの通販について

バイスマはバイアグラのジェネリック医薬品です。バイスマは日本へ輸出される事を目的に作られている為、パッケージも日本語表記でわかりやすく、日本人の体格に合わせて作られているのでとても人気が高く、比較的安く購入できる商品なのですが、現在日本では認可が下りていないので専門のクリニックや病院では処方してもらえません。

その為、海外の商品を個人で輸入する、「個人輸入」でしか購入する事ができません。その個人輸入の方法について詳しく解説しましょう!

バイスマの通販購入方法

バイスマは個人輸入代行サイトを通じて個人で取り寄せるという方法で購入する事ができます。個人輸入と聞くと一見難しそうに感じますが、一般の通販と特別な違いはありません。ネットで注文し、代金の支払いを終えれば、あとは届くのを待つだけです。ネット環境さえ整っていれば、時間や場所を選ばずに自宅はもちろん仕事の休憩中や電車などでの移動中にもサクッと注文でき、病院へ行く時間がない忙しい方や、病院へ行くのが億劫な方に重宝されています。

ちなみに、個人輸入代行サイトとは、簡単に言うと海外の企業やおメーカーから個人が薬を購入するお手伝いを行うサイトの事です。個人輸入では処方箋が必要ないので、国内で未認可の商品も購入可能な他、クリニックや病院で処方してもらうより比較的安く手に入れる事ができます。バイスマなどのジェネリック医薬品ですと、より安く購入でき、1錠あたり約315円前後で購入可能なサイトもあります。通販を利用すると、医療費、交通費といったコストを抑える事が可能です。

便利な反面、偽物や粗悪品を販売するサイトも多々あり、安価だからと言ってそのようなサイトで購入してしまうと、効果がなかったり、健康を害してしまう危険があります。もちろん、安心・安全で良心的なサイトもありますが、購入前に販売業者をしっかりとチェックする必要があります。

個人輸入は自己責任

個人輸入では、処方箋が必要ないので医薬品を安く手に入れる事ができますが、副作用などの健康被害があった場合でも、全て購入した個人の責任となります。処方箋とは、医師が必要な量や飲み方等を記載した書類で、医師が処方する医薬品の使用に対し責任を負うことが記載された書類となります。処方箋が必要ないということは医師による飲み方の指導がない為、服用してはいけない方が自己判断で飲んでしまったり、併用禁忌薬を知らずに服用してしまって健康被害にあった場合でも自己責任となります。代行サイトもあくまでも個人が医薬品を購入、輸入する為のお手伝いをしているだけなのです。自己責任での服用なので、その薬を飲んでも健康に支障がないか等といった事を証明してくれる医師もいない為、処方箋が不要となるのです。

また、個人輸入では個人的な使用のみで購入が認められているので、それを転売すると薬事法違反となりますし、家族や友人であっても譲渡する事は禁止されています。

バイスマの偽物について

人気がある商品には偽物が出回っている事が多々あり、バイスマも例外ではありません。バイスマの新薬であるバイアグラを製造・販売するファイザー社によると、ネット上で販売されているED治療薬のなんと55.4%、半分以上の商品が偽物であると認められたそうです。偽物は多数存在しており、見た目での判断が難しく精巧に作られたものも多く出回っています。

偽物にはいくつか種類があり、超粗悪品で成分すら入っていないもの、成分は配合されているが配合量が適切でないもの、見分けるのが非常に困難なスーパーコピーがあります。

超粗悪品は主にアジアで流通しており、有効成分のシルデナフィルが配合されていないだけでなく、製造環境が悪い為に後遺症が出だり、最悪の場合死亡したケースもある大変危険なものです。成分が入ってるものでも、正規品ではない為配合されてるシルデナフィルの量が多すぎて健康被害が出たり、死亡してしまうケースもあります。

バイスマの偽物の見分け方

ネット上で販売される商品はパッケージや錠剤の写真が掲載されていても本物かどうか見分けるのは非常に困難で、実際送られて来た商品と画像が全く違っていたという事もよくあります。

分かりやすい見分け方としては

・中国製の商品
最も分かりやすい悪質なサイトの傾向としては、生産国が中国などのアジア圏で、成分純度が100mgの商品しか扱っていないという事です。こういったサイトは避ける事が無難です。また、中国製には医薬品だけでなくサプリメントなどの精力剤にも違法にシルデナフィルを配合しているものも多く、塗装を食品用のものではなく印刷用のインクを使っているケースもあり、通常口にしないような原料を使っていたり、得体の知れない毒物が混入している危険性があります。

・有効成分の純度が正規品以下
最近では、出回っているものの50%が偽物と言われており、その有効成分の純度が90~110%の商品は10%に過ぎないという調査結果があります。

・似せて作られているが比べると粗悪な品
一見そっくりですが偽物は微妙に形や大きさ、色が違いものがあります。

まとめ

通販はとても便利で、処方してもらうものと比べ安価に購入する事ができますが処方箋が不要な分、全て購入する個人の自己責任となります。飲み方など医師の指導がありませんので服用前に自身できちんとチェックしておく必要があります。常用しているお薬がある方はさらに注意が必要です。飲み合わせ次第では危篤に陥ってしまう場合もあります。

また、販売するサイトの中には偽物を販売する悪質な業者も存在します。本物と見極めるのが困難なくらい精巧に作られているものもあり、市場に出回っているその半数近くが偽物と言われているので、購入を検討しているサイトもしっかりと事前にチェックしましょう。偽物は効果がないだけでなく、中には死亡したケースもあり大変危険です。きちんとしたサイトは製薬会社の認定書を掲示していたり、第三者機関の抜きうち調査を行っています。自分を守るためにも購入、服用前にきちんとチェックしておく事が大切です。