title

バイアグラのジェネリックについて解説!

バイアグラのジェネリックについて

バイアグラの特許が2014年に切れたことを皮切りに、様々な製薬会社からジェネリック医薬品が製造、販売されています。商品名はバイアグラの有効成分のシルデナフィルと会社名、成分の用量を合わせたものが一般的です。

そもそもジェネリック医薬品とは、有効成分とその配合量が同じで、同じ効き目、安全性が認められたものを指します。違いがあるとすれば、お薬の色や形状、添加物などです。新薬では大きかったり苦みが強くて飲みにくかったものを改善したり、安全性を上げる、といった目的で変えられている場合もあります。

新薬と同じ効果や効能である事を確認するために、沢山の実験や検査をクリアしたもののみが、ジェネリック医薬品として販売されます。

バイアグラを開発したファイザー社とは

ファイザー社とは、アメリカにある世界トップの製薬会社です。1849年に設立された化学会社チャールズ・ファイザー・アンド・カンパニーがファイザー社の始まりです。世界初のペニシリンの大量生産に成功し、当時奇跡の薬と呼ばれたペニシリンを製造する世界最大手の製薬会社となりました。

ED治療薬で知名度ナンバー1であるバイアグラを開発した元祖のメーカーでもあり、幅広い医薬品で世界の医薬品メーカーをけん引するグローバル企業です。近年では、アイルランドへの本社移転に失敗したり、バイアグラ開発以降のヒット商品が生まれず年々、大規模なリストラをしていましたが、それでも2016年時点で売り上げ第1位を誇る世界最大規模の製薬会社です。

バイアグラのジェネリックの種類

ファイザー社が開発した商品以外で認可が下りている医薬品で、バイアグラと同一の成分であるシルデナフィルを配合したED治療薬で、各メーカーより様々な種類の商品が販売されています。バイアグラを新薬、ジェネリック医薬品を後発医薬品または後発薬と言いますが、15年前まで医療業界で「ゾロ」とか「ゾロ品」と呼ばれる事もあった名残でバイアグラのゾロ品と呼ぶ方もいるようです。

ここでは、5種類のジェネリック医薬品を紹介したいと思います。

バイスマ

バイスマとは、スマート社が製造、販売する商品で、青い丸い形状が特徴的です。

新薬のバイアグラでは錠剤が大きくて飲み辛いとの声も多いのですが、バイスマは成分量を同じで錠剤のサイズを小さくした事でその悩みを解消しました。シートにミシン目が入っているので小分けにしてバッグやお財布に入れて携帯可能です。また、量を調整しやすいよう、錠剤に割りやすいよう線を入れているので、ピルカッター等を使わなくても手で簡単にきれいに半分に割る事ができるのも特徴です。

50mgと100mgの販売がありますが、初めて飲む方は25mgからの服用が推奨されています。

バイスマは日本人をターゲットに作られた商品なので、他商品と比べて飲みやすくパッケージも分かりやすい仕様となっています。

価格は1箱4錠入りで約1700~2000円程度とバイアグラと比べてかなりお買い得です。

カマグラ

カマグラはアジャンタファーマ社が開発したジェネリック医薬品で、人気の高い商品のひとつです。青緑色と大きなひし形が特徴の錠剤です。大きめな錠剤となっていますが、バイアグラを問題なく飲めた方は難なく服用できる大きさです。

販売価格は1箱4錠で約2000円前後とバイアグラと比べてかなり抑えた価格で購入できコストパフォーマンスにも優れている為、バイアグラは高くて続けるのが難しい方にもおすすめです。

またカマグラには、錠剤以外にも水なしでもラクラク服用できるゼリータイプや、口に入れると溶けるチュアブル錠、発砲錠など、様々な種類が販売されています。錠剤は大きくて飲めないし、携帯しずらいとお困りの方に大人気です。こうしたタイプは錠剤よりも吸収されやすく、早く効くので個人差はありますが最短で15分ほどで効き始める方もいるようす。

ノボシル

Aavishkar Oral Strips社が製造、販売を行っているED治療薬です。ノボシルもジェネリックとなっており形状が青のシート状である事が最大の特徴です。シート状なので、錠剤を飲むのが苦手な方でも問題なく飲め、水なしでいいので気軽に服用できます。味もミント味なので口臭予防のエチケットシートのように気軽に使えて、一見ED治療薬を飲んでいるようには見えないといった点でも人気を集めています。

シート状で薄く、財布など入れても問題ない大きさなので携帯にも便利です。錠剤に比べて体内へ効果が現れるのが早いのも特徴です。

販売価格は10シート入りで約3000円前後で販売されていて、バイアグラの他のジェネリック医薬品と比べて少々高めですが、その気軽さや便利さから人気商品となっています。

シルビトラ

RSM社が開発したEDと早漏をひとつで治療できる商品です。世界で初めて開発されたED治療薬のバイアグラの力強い勃起力と、即効性のあるレビトラの2つの成分を配合したジェネリック医薬品で、黄色い丸い錠剤が特徴のお薬です。。

1箱10錠入りで約3000~5000円前後となっておりますが、レビトラを病院で処方してもらうとなると1錠あたり約1500円前後かかってしまい、それプラス、バイアグラを購入となるとかなり高額になってしまいますが、シルビトラなら一度でEDと早漏を改善でき、レビトラとバイアグラ、一度で2つの効果が得られる上に、安く購入が可能なので注目を集めています。また、体内への吸収が早いので、食事内容の影響を受けにくいのも嬉しいポイント。どちらかでは物足りなさを感じていた方へおすすめの商品です。

比較的症状の重い方向けの商品なので、副作用が強く見られる場合があります。飲み始めはピルカッター等で半錠に割っての服用がおすすめです。

スーパーバイスマ

スーパーバイスマは、バイスマと同じくスマート社が開発した商品です。バイアグラとプリリジーの2つの成分が複合したお薬で緑色の丸い錠剤です。EDと早漏の症状の改善が期待できます。

バイスマと同様、開発段階でインド在住の日本人が監修に入っているので、パッケージも日本語表記で分かりやすく、安全性も高い商品です。

1箱4錠で約2000円前後と他の治療薬と比べ若干値段は上がりますが、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルでEDを改善し、ダポキセチンの効果で早漏予防が期待できる商品です。EDの人は早漏になりやすいと言われており、EDを治療する事で早漏も改善されます。このスーパーバイスマはどちらも改善できるので2つの症状に悩んでいる方におすすめの商品です。

食事の内容によっては、効果を実感できなくなるので空腹時の服用がおすすめです。服用後は2時間はできれば何も食べないようにしてください。また服用前の食事は脂っぽいのもを避けてあっさりしたものを選ぶようにしましょう。

まとめ

ファイザー社が開発したバイアグラの特許が切れた事により、様々なメーカーからバイアグラ関連のジェネリック医薬品が販売されるようになりました。

同じジェネリック医薬品でも、各メーカーごとにそれぞれ違った特徴があります。

バイスマは新薬のバイアグラと比べて錠剤のサイズを小さくする事で飲みやすく、また半錠に割りやすいように割線を入れてあるので素手でも簡単に割れ、量の調節がしやすいという面でも欧米の方と比べて体の小さい日本人にも飲みやすいような作りとなっています。

EDと早漏にダブルで効く成分を配合したシルビトラや、スーパーバイスマ、また錠剤以外にも、水なしでも簡単に服用できるゼリータイプや、チュアブル錠、発砲錠、シート状ものなど、ジェネリック医薬品になったことで飲みやすく、改良がされている商品が多数あります。商品の幅が広がり自身の体質やライフスタイルに合わせて選べるようになった事で、より効果的にED治療ができるようになりました。